12

23

♪チアテク♪ターン2

こんにチア☆
寒い日が続きますね。
体調を崩したりしていませんか?

さてさて、前回(♪チアテク♪ターン1)に引き続き、
バレエの先生に聞いてきた「ターン」の
コツや練習方法をご紹介しますね♪

 

今日は、「ピルエット」についてお話していきます。
上達できるよう練習していきましょう!

★バランスのとり方の基本★
まずはバランスのとり方の基本を身につけます。

足の上におしり・肩・頭が乗った状態が、
バランスが取れている姿勢です。

チアテク_ターン上達方法2_1

かかとをついた状態では、
足の裏全体で体重を支えることができますが、

ルルベアップすると、つま先の小さい範囲の中に
おしり・肩・頭を持ってこなければならないので、
バランスを取りにくくなってしまうんですね。

おしりは後ろ、肩と頭は前…
なんてバランスのとり方をしていると、
安定することはできません。

足の上におしり・肩・頭の状態を
いつでも作れるように練習してくださいね!

 

★ピルエット★
それでは、ピルエットの練習をしていきましょう。

まずは、先ほどのお話しした
バランスのとり方をマスターしてください。

しっかりかかとを上げ、
膝の裏が平らになるように膝を伸ばして
立てるようになりましょう。

①準備の形
チアテク_ターン上達方法2_2

一足分足を下げて膝を曲げます。
この時から軸足の上に、おしり・肩・頭がくるように
準備をしましょう。

チアテク_ターン上達方法2_3  チアテク_ターン上達方法2_4

写真のように、体が倒れたり、
後ろ重心になったりしないように気を付けてください。

準備の形で、後ろの足が浮かせられるくらい
前の足に体重をかけた状態が正解です。

 

②回転姿勢
チアテク_ターン上達方法2_5

先ほど練習した形になります。

軸足もパッセになる足も同時に動かします。
どちらの足も一瞬で完成の形になれるように
素早く動かしましょう。

つま先は床にさすように下に力を入れ、
体は引き上げるように気を付けます。

回転中、体は1枚の板のような感覚で、
ひねったり、倒れたりしないように、
正しい姿勢をキープするようにしてください。

(手の勢いで回ろうとして、肩を先に回して、
ひねってしまう子を見かけることがあります。)

アームは、振りによって変わることもありますが、
手を上げることで、上半身が反ったり、倒れたりしないよう
気を付けてください。

 

③首の使い方
チアテク_ターン上達方法2_6

一点に視線を定めます。

首の可動域の範囲でしっかりと残し、

チアテク_ターン上達方法2_7
体より先に首が戻ってきます。

回転数が増えても同じことです。

首を残そうとすると首が傾いてしまう子がいるので、
まっすぐ保ったまま横に向けるよう確認してください。
首の可動域は個人差がありますので、
自分の首の動く範囲を確かめてくださいね。

 

★スキルアップのために★
①回転数の増やし方
まず、回転せずに立っている時に、
3秒姿勢をキープできるように練習しましょう。

90度でも、半回転でも3秒キープ、
シングルでも3秒キープして1回転、
ダブルでも同じく3秒の間に2回転するように…

と同じ時間の中で回転数を増やしていきます。

もちろん、回転中の姿勢も、
先ほど練習したとおりの形で変わりません。

 

②手を使わないで…
より安定した軸を作るためのトレーニングです。

手を使わないで、ピルエットの練習をしましょう。
手をレディモーションで固定し、
勢いをつけずに、しっかりと立つことと、
首を切る力で回転します。

意外と姿勢を保つのに、
手でバランスをとっているのに気が付くはずです。

いつでも正しい姿勢は1つだけです。
手を使わなくてもまっすぐ回れるよう練習しましょう。

次に、慣れてきたらTモーションで、など
手のポジションを変えても同じように姿勢を保ち、
まっすぐ回れるように練習しましょう。

ピルエットには、
他のチアテクでもとても大切な要素が
たくさん詰まっています。

回れるからOK!
ではなく、もう一度正しい姿勢、
正しい手順を確認してください。

次回♪チアテク♪は、移動を伴うターン
シェネ」「ピケ」について練習しましょう♪