11

10

♪チアテク♪ジャンプ④トータッチジャンプ2

チアリーダーのみなさんこんにちは★
秋から冬へと移り行く季節ですね。
寒くなってきましたが、体調を崩したりしていませんか??

今日も引き続きジャンプの練習をしていきましょう。

前回、跳びだすまでの練習をしたので、
今日は空中姿勢の練習をしていきましょう。

トータッチジャンプの足を開く前に、
体を引き上げる練習のため、「タックジャンプ」を練習しましょう。

★タックジャンプ★
チアテク_ジャンプ_練習_タックジャンプ_トータッチジャンプ1

ひざを抱え込む形のジャンプです。
はじめに、地面に座った状態で空中姿勢を確認してみましょう。

チアテク_ジャンプ_練習_タックジャンプ_トータッチジャンプ2

確認ができたら、実際に跳んでみます。
ひざを曲げて準備をしたら(この時、体はもう引き上げておいてくださいね)
床を強く蹴って跳びあがります。

しっかり体を引き上げて空中に跳びだしたら、
両足を揃えて膝を胸につくように引き上げましょう。

ひざを曲げることだけを意識してしまうと、高さが出ません。
床をしっかりと蹴って跳んでから、
腹筋・腸腰筋(足の付け根の筋肉)で足を引き上げるというように、
2段階で足を上げるようにしましょう。

チアテク_ジャンプ_練習_タックジャンプ_トータッチジャンプ3

ひざが前や下を向いている状態では
引き上げが足りません。

ひざが胸の高さにくるまであげるようにしましょう。
そうすることでおしりが前の方にぐっと持ちあがるのを感じるはずです。
このおしりが上がる感覚を身につけてくださいね。

また、体が倒れないように注意をしてください。
体が倒れてしまうと、おしりは後ろを向いたままで、
高いジャンプにはなりません。

体が倒れないように、ハイブイやタッチダウンモーションで
体を引き上げながら練習するのがオススメです。

 

1回上手にできたら、連続で練習することで、
瞬発力アップのトレーニングにもなります。
5回、10回と連続でできるよう挑戦してみよう!

 

★トータッチジャンプ★
それでは、いよいよトータッチジャンプを跳んでみましょう。

ストレートジャンプの練習の時の、
アームの動きと体の引き上げのタイミングを思い出しましょう。

アームを大きく、素早く回してTモーションに。
同時に体を引き上げ、床を強く蹴って跳びあがります。

チアテク_ジャンプ_練習_タックジャンプ_トータッチジャンプ4

上半身をキープしたまま足を開きましょう。

足を上げる時には、つま先を遠くに伸ばすようにイメージします。
そうすることで、ひざ・つま先が伸びやすくなります。

タックジャンプ同様、跳びあがってから足を開きます。
2つの動作に分けてくださいね。

 

★着地★
チアテク_ジャンプ_練習_タックジャンプ_トータッチジャンプ5

足を素早く閉じて着地をします。
足を閉じるスピードが遅いと、足を閉じきれなかったり、
重心の低い着地となってしまい、完成度の低いジャンプになってしまいます。

内もも・おしりの力を使って素早く足を閉じます。

そして、腹筋を意識してジャンプの勢いを吸収します。
この時も体を引き上げ、体幹が前後に倒れないように気をつけましょう。

ダンスの振りの中ですぐに次の一歩を出さなければらない場合も
あるかと思いますが、一瞬でも必ず静止してくださいね。
普段の練習から着地を大切にするようにしましょう。

★☆★☆★

トータッチジャンプの一連の動きと
それぞれの気を付けるポイントについてチェックしました。

次回は、もっと上手になるために、
トータッチのためのトレーニングをご紹介します。

お楽しみに♪