05

03

♪チアテク~アームモーション・シャープに動かそう!

新しい学年になって1ヶ月。
新しいチームには慣れてきましたか??

チアリーダーの基礎と言えば、
『アームモーション』

チアリーディングでも、チアダンスでも、共通の大切なテクニックですね!

チアを始めたばかりの子は、まずは正しい形と名前を覚えましょう♪

●アームモーションの形と名前●
下記の記事を参考にしてくださいね!

アームモーション① ・ アームモーション②

 

 

名前と形をおぼえたら、 動かし方にもこだわっていきましょう。
そうすることで、もう一段ステップアップできるはず♪

そんな、今日のチアテクにポイントは、、、

「シャープさ」です★

 

Q 「シャープさ」ってなんでしょうか?

A 今のアームモーションから、次のアームモーションまでの時間が短く、
素早く動かすことが「シャープさ」です。

アームモーションとアームモーションの間(過程)を見せないこと。

 

Q では、どうしたら「シャープさ」を表現できるのでしょうか?

A1 アームモーションの間の過程で、「最短距離」を通るようにしましょう。

例えば、、、

チアテク_コツ_アームモーション1

クラスプからハイブイの最短のルートはどこでしょうか??

 

 

チアテク_コツ_アームモーション2

スタートとゴールを一番短い距離でつなぐ線です。

 

図で見るとわかりやすいですが、実際にやってみると、

・フィストが上がるタイミング
・肘を伸ばすタイミング
・腕の向きを変えるタイミング
などなどがちょうどよく動かなくてはなりませんが、

肘が先に動いてしまったり、
クラスプを話すタイミングが遅かったり、
ちょっとしたタイミングのずれで遠回りする場合があるようです。

もしうまくいかない場合は、
どうすればフィストが一番の近道をできるかな、と、
まずはゆっくりと経路を確認してみましょう。

 

A2 もう一つのポイントは、
カウントのギリギリまで待って、カウントの頭で形を作ることです。

下のイメージ図を見てください。

チアテク_コツ_アームモーション3

次のアームモーションを作るために、最後の一瞬まで待ちます。

そして、アームモーションができたら終わりで、次へと動くのではなく、
カウントのギリギリまでその形を見せているようにしましょう。

 

A3 力の入れ方は、、、
動かしている間は少し力を緩め、止めたい場所で力を入れることで、
素早く動かすことができるようになります。

また、力を入れる場所は、フィストと腹筋です。
おなかに力が入っていないと、いくら手が頑張っても力強く止めることはできません。

逆に、肩に力が入って、肩が上がることのないように気をつけてください!

 

★☆★☆★

今回は、アームモーションの動かし方、
特に「シャープさ」について練習をしました。

コツをつかんで、かっこいいシャープなアームモーションを
自分のものにしてくださいね!!