06

07

♪チアテク~フォーメーション

みなさんこんにちは★
6月も後半!
夏も間近に迫っていますね。

今日のチアテクのテーマは…

「フォーメーション」

フォーメーションとは、踊る位置のことです。
チームみんなで完成させるテクニックですね。

 

■フォーメーションのとり方
みなさんは、フォーメーションを作る時に、何を見ていますか?
以下の2つのポイントをぜひチェックしてみてください。

◆パフォーマンスエリアからの基準(センター、前後左右の端など)
全体でどんな形になっているのかをわかっていることが大切です。

その中で、
自分はフォーメーションのどの部分にいるでしょうか。
前後・左右センターからの距離はどれくらいでしょうか。
フロアの中でどれくらい広がるのでしょうか。

自分が見えている範囲だけを覚えるのではなく、
全体がどういうフォーメーションになっていて、
自分がどこにいるのかを分かると、動きやすくなりますよ!

◆メンバー同士の距離感
チームメイトとの距離はどれくらいでしょうか。

Tモーション間隔、手が届くくらい、三歩分…など、
自分の体を定規のように使い、間隔を決めます。

ただし、パフォーマンスの中で、毎回測ることはできないので、
移動の歩数を覚えたり、前後左右のチームメイトとの距離を見たりすることで、
フォーメーションが完成した時の距離感を身につけましょう。

 

■実際にやってみよう
<横列>

◆横列をきれいに作ろう!
チアテク_フォーメーション_コツ1

お隣とつま先を揃えるようにしましょう。

 

◆横列の間隔を合わせよう!
チアテク_フォーメーション_コツ②

人と人の間隔を均等にします。

基準になる人(センターにいる人など)は必ず決められた位置に入ります。
間のメンバーは、左右のチームメイトを見てちょうど真ん中に入るようにすると、
広い場所でも、狭い場所でも、均等な列を作れるようになります。

チアテク_フォーメーション_コツ3

 

<縦列>
◆縦列をきれいに作ろう!
チアテク_フォーメーション_コツ4
前ならえをした時のように、ぴったりと重なるときれいですね。
自分の前の子しか見えない位置に立ちます。

チアテク_フォーメーション_コツ5

縦の場合、自分の周り以外の人の間隔を見比べることが難しいので、
前の子との距離感や、センターからの位置などで場所を把握します。

チアテク_フォーメーション_コツ6

 

<斜め>
チアテク_フォーメーション_コツ7

縦列を作る時と同様、斜めに前ならえをした時に、
自分の前の子しか見えない位置に入ります。

1人目と2人目の位置関係で斜めの角度が決まってしまいます。

チアテク_フォーメーション_コツ8

ただし、両端の子が基準となる場合は、2人目からのライン上に載るのではなく、
その2人をつないだライン上にみんなが乗るようにします。

 

<組み合わせ>
◆その1
チアテク_フォーメーション_コツ9

①1列目はまっすぐきれいな横列を作りましょう。
2列目は1列目のこの真ん中から見える位置に立ち、
3列目は1列目のこと縦に重なります。

②各列の横はつま先を見て揃えてくださいね。

③よくみると、斜めのラインもできています。
縦・横の間隔が均等かどうかの目安にもなるのでチェックしてください。

 

◆その2
チアテク_フォーメーション_コツ10

三角を作る場合は、
①縦の列

②横の列

③斜めの列

がそれぞれきれいにできているのかチェックしてみましょう。

 

チアテク_フォーメーション_コツ11

 

—–

正しい位置を作れるようになったら、素早く移動できるようになりましょう。
決められたカウントで完成させます。
全員が完成するべきカウントを理解して、表現できるよう練習してくださいね!

正しいフォーメーションを作れるようになるためには、
チームで声をかけあったり、協力し合わなければなりません。

1人1人の力を最大限に使ってこそ、チームのテクニックとして完成できます。
がんばりましょう!