01

04

京浜大本山めぐり☆④池上本門寺

チアリーダーのみなさん、こんにちは。

新年の3が日が終わりましたが、
みなさん、どんなお正月を過ごしましたか!?

お正月には初詣にいった子も多いと思いますが、
今日は、京浜大本山めぐり☆
最終回となります、東京・大田区の『池上本門寺』を紹介したいと思います。

 

池上本門寺は、
前回紹介しました『増上寺』から国道一号線沿線を南下していったところ、
『川崎大師』『總持寺』との中間点にある、日蓮宗の大本山のお寺です。

日蓮宗大本山-池上本門寺-1

参拝に行ったのは昨年の暮れですが、
早くもお正月詣での準備が進んでいましたよ。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-2

こちらの池上本門寺の石段は、加藤清正公の寄進で作られたんだそうです。

熊本城主だった加藤清正公から、どんな経緯で寄進されたのか、
気になるところではあります。

 

石段を登りきると、すぐ右側に、

日蓮宗大本山-池上本門寺-3

開祖の『日蓮大聖人』説法像
なまぬるいことをしていると、しばかれてしまいそうな迫力です(>_<)

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-4

力強いお言葉。。

 

そして、境内へ。

日蓮宗大本山-池上本門寺-5

『仁王門』

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-7 日蓮宗大本山-池上本門寺-6

両脇で仁王立ち!

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-8

とても整然としています。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-9

日蓮宗大本山-池上本門寺-10

心と体をひとつに。
手を洗うことを通して、心も清めるんですね。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-11

日蓮宗大本山-池上本門寺-12

『大堂』
開祖の日蓮聖人御尊像が奉安されています。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-13

日蓮宗大本山-池上本門寺-14

大堂の脇には、
珍しい『さくら絵馬』という可愛い絵馬が掛けられていました。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-15

『常唱堂』
眼病から守ってくれる仏様が奉られているそうです。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-16

『鐘楼堂』
こちらの鐘で、除夜の鐘をつくんだそうです。
大みそかはたくさんの人で賑わったんだろうなと思います。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-17

そして少し離れたところに、『五重塔』が見えました。

この時期は、枯木が多いですが、
春の桜が咲く時期は、境内がとても華やかになるそうで、
その時期にもう一度行ってみたい、という思いになりました。

 

日蓮宗大本山-池上本門寺-18

慶長13年(1608年)に建立されたものだそうで、
多少の修復はされているかもしれませんが、
やはり近くでみると、木の風合いに長い年月を感じます。
現在、重要文化財となっているとのことです。

 

池上本門寺は、
住宅街の中にあるということもありますが、
近所の方と思われる方が、入れ替わり訪れていて、
大本山という特別な場所というよりは、地域に根ざしたたお寺という印象でした。

 

さて、学校の新学期やチアのレッスンも、間もなく始まりますね。

勉強、チア、掃除、、何をするにも、
特別なときだけ張り切る、というのではなく、
普段から気持ちをキープして取り組むことを当たり前にしていきたいです。
それが「積み重ねる」ということのような気がします。