01

15

チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ゲットダウン③〜

皆さんこんにちは。

今週はフロアテクニック「ゲットダウン」の記事、第3弾です。

前回までの記事も確認しておきましょう。

☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ゲットダウン①〜
=ポージングの全体像をご紹介しています。

☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ゲットダウン②〜
=立っている状態から「ゲットダウン」の体勢までをご紹介しています。

 

今回の記事は、《立っている状態から「ゲットダウン」までの軌道》を紹介します。

それでは、解説スタートです。

チア_ダンス_フロアテクニック_ゲットダウン_ゲッダン_軌道_1

左上の番号は行程を表しています。
「軌道1」が、一連の動作のポイントとなる軌道です。

◆「軌道1」の動作
1)右足を前に蹴る。
2)蹴った右足を後ろに下げると同時に、軸足となっていた左足を前に出す。

「ゲットダウン」では、この1と2の動作を素早く行い、足を前後に開きます。

 

チア_ダンス_フロアテクニック_ゲットダウン_ゲッダン_軌道_2

☆ポイント1
足を前後に開いた際にポイントとなるのが、『足の着き方』になります。
両足共に、足先をフレックスにしますが、それぞれ着く場所が違います。

◆足の着き方
右足=母指球の内側
左足=かかと

さらに、「つま先と膝の向き」にもポイントとなります。

◆つま先と膝の向き
右足=つま先・膝頭共に外側へ向ける。
左足=つま先・膝頭共に天井へ向ける。

このポイント1の姿勢を取る事で正確に「ゲットダウン」へ着地することができます。
特に、右膝の向きには注意しましょう。間違った着地では怪我の可能性が有ります。

 

チア_ダンス_フロアテクニック_ゲットダウン_ゲッダン_軌道_3

☆ポイント2
慣れなていないうちに立っている状態から地面に急に落ちてしまうと衝撃も強くなり、
体を痛めてしまう場合もあります。
このような動作を行う時は、体を徐々に落としていくようにイメージしましょう。

3階建ての建物をイメージして、解説します。
立っている姿勢を〈3階〉とした場合、「ゲットダウン」は〈1階〉になります。
軌道となる姿勢でしっかりと踏ん張り、〈2階〉をつくるイメージをしてみてください。

3→2→1と各ポジションをしっかりと意識しながら練習をして、
始めはゆっくりと地面に着地しましょう。

この2階部分をスムーズに通過出来る人がアクロバットの上手な人と言えます。
慣れてきたら素早く1階へ落とす様に意識してみて下さい。

次週の記事もお楽しみ!