03

25

チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ドルフィン 応用③〜

皆さんこんにちは。

今週もフロアテクニック「ドルフィン」の応用をご紹介します。

前回までの記事もおさらいしておきましょう。

《ドルフィン 基礎》
☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ドルフィン①〜
=「ドルフィン」の各ポジションを紹介しています。

☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ドルフィン②〜
=「ドルフィン」の軌道を紹介しています。

《ドルフィン 応用》
☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ドルフィン 応用①〜
=「サイドブリッジ」から「ドルフィン」へ繋げる応用を紹介しています。

☆チア・ダンスに活きる「フロアテクニック」 〜ドルフィン 応用②〜
=しゃがんだ状態から「ドルフィン」へ繋げる応用を紹介しています。

 

今回、紹介する応用は
立った状態から「ドルフィン」へ繋いでいきます。

チア_ダンス_フロアテクニック_ドルフィン_応用_軌道1

上の写真が全体像です。
左上の番号は行程を表しています。

今回の応用では、着地した際に腕に大きな負担がかかります。
十分に、手首・肘・肩周りをウォーミングアップしてから行ってくださいね。
怪我をしないように注意して取り組みましょう!

②のポジションからは、通常の「ドルフィン」と同じ流れです。
「ドルフィン」の軌道は、以前の記事から確認しておきましょう。

今回は、①〜②への軌道を詳しく解説していきます。

 

それでは解説スタートです。

チア_ダンス_フロアテクニック_ドルフィン_応用_軌道2

《意識するポイント》

【準備姿勢=①】
・体幹を整える
・両手は胸の前で準備

【軌道-1】
・手を遠くに付く
・手を付くと同時に左足を振り上げる

【軌道-2】
・手が付く瞬間にさらに左足を振り上げる

【着地姿勢=②】
・左足を上に張り続ける

注意!
着地の瞬間に両腕に大きな負担がかかります。
肘は適度に曲げ、衝撃に耐えるようにしましょう。
また肩甲骨周りの筋肉も締めて、肩への負担が少なくなるようにしてください。

ここから「ドルフィン」へと繋いでいきます。
上記が各ポジションで意識するポイントです。

 

チア_ダンス_フロアテクニック_ドルフィン_応用_軌道3

さらに【軌道-1】を行うのに必要なポイントが

〈オフバランス〉です。

【準備姿勢=①】で作った軸を、体幹を整えたまま前に倒します。

「これ以上倒れたら転びそう!」という瞬間に
腰を支点に[上半身]を倒し、[左足]を同時に振り上げましょう。

〈オフバランス〉を作る事で、手も遠くに付きやすくなります。

 

今回紹介している応用は、
立っている状態から地面に落ちていく動作になります。

腕、上半身への衝撃が大きくなりますので、
始めは中腰などの姿勢から①〜②を繰り返し、衝撃に耐えられるように体作りも欠かせません。
徐々に慣れてきたら立った状態でチャレンジできるように、
一つずつレベルアップさせてながら行ってみてください!

次回もお楽しみに!