02

17

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ⑥〜

皆さんこんにちは。

今回は、「ブリッジ」を紹介する記事の第6弾です。

前回までの記事もおさらいしておきましょう。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ①〜
=「ブリッジ」のポジションについて紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ②〜
=「立っている状態からブリッジへ降りる方法」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ③〜
=「後方転回」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ④〜
=「後方転回」から「フロントキック(キープ)」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ブリッジ⑤〜
=「後方転回」から「ゲットダウン」について紹介しています。

今回は「片足の姿勢から後方転回」を行う応用を紹介していきます。
全身のストレッチをしっかり行い、背中や肩周り、股関節をほぐしてから行いましょう。

 

それでは、解説スタートです。

チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_1

上の画像が全体像です。
左上の数字は行程を表しています。
※今回は、右足を振り上げて起き上がる方法を解説していきます。

今までと大きな違いは①の準備姿勢が「片足」になっている事です。
両足で支えていた力を、片足のみで支えなければなりません。
それには足だけでなく体の様々部分を意識しながら支え合う事が大切になります。
ポイントを一つずつ確認しながら行っていきましょう。

 

チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_2

■①=準備姿勢
《ポイント》
•体幹を整える。
•右足を少し浮かす。

まずは片足の状態でしっかりとバランスをとりましょう。
体幹部を締め、右足を一本の棒を意識してしっかり伸ばしましょう。足先のポイントもお忘れなく!

 

チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_3

■②
《ポイント》
1)左足でしっかとバランスをとる。
2)腹筋に力を入れ、体を安定させる。
3)胸を天井に向け、大きく反る。

①で整えた状態をキープしながら、胸から反って行きましょう。
このとき、片足の姿勢のためバランスが崩れやすくなります。
そこで、腹筋(体幹)にしっかりと力を入れる事で
胴体の揺れを少なくしバランスをとりやすくしましょう。

■軌道-1
《ポイント》
1)腰を前に張り続ける。
2)膝を少し曲げる。
3)胸の反りを維持したまま倒れる。

ここでのポイントは、1)腰を前に張り続ける事です。
大きく反りながら後ろに倒れる際に、
腰ごと後ろに倒れてしまうと上手くバランスをとる事ができません。
腰を前に張り続ける事で、状態を維持しながら倒れる事ができます。

また背中の柔軟性が求められますが、
背中の反りが固い人でも膝の曲げ方でコントロールする事ができますので、
自身にあった曲げ方を探しましょう!

 

チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_4

■③
《ポイント》
•左足でしっかりとバランスをとる。
•目線は地面。

倒れた衝撃が強くかかる姿勢になります。
ここでしっかりと体を支えられるように意識しましょう。
崩れてしまう人は、
まずは片足を上げたブリッジの姿勢のみを20秒ほど安定させられるように練習をしてみてください。

■軌道-2
《ポイント》
1)体重を胸に移す。
2)右足を強く振り上げる。
3)左足で地面を蹴る。
4)腰を高く上げる。

②→③に着地した瞬間にこの軌道-2を行える事がベストとなります。
基本的には、両足からの基本と同じですが踏み切りが片足だけになっている分、
より強く地面を蹴り、足を振り上げる必要があります。

 

☆まとめ☆

両足で支えていた力を片足のみで行おうとせずに
「腹筋」や「膝の曲げ方」などを利用して全身の力で行うようにしましょう。

チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_5

また初めは片足で倒れる事に恐怖心などがある場合は、
片足をポイントにしてつま先だけを着く姿勢から初めてみましょう。
チョンとつま先を置いておくだけで随分安定度が違うものですよ。
徐々にレベルを上げてみてください。

次回もお楽しみに!

 

 

 

★★★ひとことグルメ★★★

〜チョコラBB〜
チア_ダンス_テクニック_アクロバット_ブリッジ_片足_後方転回_6

ビタミンや鉄分が不足している時に簡単に補えるドリンクです。
口内炎などにも効果がありますよ。