04

13

ヤングアメリカンズ@若者の素晴らしさを音楽によって社会に伝える

お友達に誘っていただき、ずっーーーと気になっていた
『ヤングアメリカンズ』に行ってきました。
久々の川崎市新百合ヶ丘!

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_5

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_4

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_7

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_2

ステージの感想は、、、、、
油断していました。。。
胸と目頭が熱くなりました。

ヤングアメリカンズとは、1962年、若者の素晴らしさを音楽によって
社会に伝えようと、ミルトン・C・アンダーソンによって設立された、
音楽公演と教育を柱とする活動団体です。
来日するのは、厳しいオーディションを勝ち抜いた、
音楽と子どもたちを心から愛する17歳〜25歳の学生が中心だそうです。

ヤングアメリカンズのメンバーと共に、参加者はワークショップに参加し、
メンバーの音楽公演に続いてステージで成果を発表すると言う流れでした。

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_3

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_1

ワークショップの一連を見せていただき、
その指導方法に感銘しました。

最初の約束!のお話では、
とにかく1人1人が最後まで、はずかしがらずに、できるだけ思いきり楽しむこと!!!!!
これは、フロアで飲食をしてはいけないことと同じ、約束なので、
絶対守らなくてはいけません!

思いきり楽しむことを身体で表現するのは、
恥ずかしがり屋の日本人にとっては、とても難しいこと。
できるかな・・・と思いながら見ていました。

しかし、プロフェッショナルの前では、心配なんて1つもありませんでした。

チア_音楽_教育_ヤングアメリカンズ_6

教育という点では、独自のアウトリーチプログラムをもっており、
歌やダンス、そしてパントマイムなどの英語によるワークショップを通じて、
下記4つを体験のなかから学んでいく活動をしているそうです。
1,参加者1人1人が他人と違った個性を持っていることを認識し、自信を獲得する
2,自分と違った感じ方をする他人の大切さを学ぶ
3,感じたことをそのまま表現する事の大切さを学ぶ
4,みんなで1つのことを真剣にやり遂げることの素晴らしさを学ぶ

チアリーダーに伝えている事と似ている。。。
私が胸を熱くしたのは、これを感じたからなのだと思います。

昨日のレッスンは、私が持っている答えを伝えすぎた。反省。
今日学んだことをいかして、明日からは、若者の持つ素晴らしさを引きだし、
メンバー自身が考え導き出すレッスンを展開する工夫をしようと思う1日でした。

今日、このチャンスをくれた皆様、本当にありがとうございました。

 

〜まだまだ『』〜
目黒川の花見に行ってきました。
とくに目的もなく、川沿いをそぞろ歩きしながら夜桜を満喫しました。
久々に楽しかった(^-^)

今年のは、長く見ることが出来てうれしいですね。

チア_花見_目黒川