10

13

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜側宙②〜

皆さんこんにちは。

今回は「側宙」のご紹介記事、第2弾です。

「側宙」は、《手をつかない》「側方宙返り」の事です。
「側転」をしっかり理解した上で練習に取り組みんでくださいね。

前回の記事もおさらいしておきましょう。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜側宙①〜
=「ポジション①②」について紹介しています。

今回は、ポジション③④⑤についてご紹介して行きます。

 

まずは、「側宙」の全体像から確認していきましょう。

チア_ダンス_アクロバット_側宙_2-1

上の写真が全体像です。
左上の番号は行程を表しています。
※左足を前に踏み込む「側宙」で説明しています。

写真のように手をつかずに足を振り下ろす事が出来れば「側宙」の完成です。

 

それでは、解説スタートです。

チア_ダンス_アクロバット_側宙_2-2

■ポジション③
《意識する点》
•両足を外に張る。

手をつかずに回りきるために遠心力をしっかり利用しましょう。
そのために両足をしっかりと外に張り、足を長く振れるようにしましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_側宙_2-3

■ポジション④
《意識する点》
•着地足(右足)で体重を支える。
•左足を外に張る。

手をついていない分、着地した際の足の衝撃は大きくなります。
しっかりと着地足で体を支え、状態を安定させましょう。
左足もしっかりと張る事で、より安定させる事ができます。

 

チア_ダンス_アクロバット_側宙_2-4

■ポジション⑤
《意識する点》
•体幹を整える。
•両足でバランスをとる。

ポジション④で着地をする事が出来ればあとはしっかりと体幹を整え、バランスをとりましょう。

 

★まとめ★
今回は「側宙」のポジション③④⑤を解説しました。

手をつかずに回りきるためには遠心力を利用する事が重要です!
そのために、各ポジションでしっかりと足を長く張る事を心がけましょう!

次回もお楽しみに!

 

 

 

★★★ひとことグルメ★★★

〜ハーブ ウインナー〜
チア_ダンス_アクロバット_側宙_2-5

ハーブの香りと大きなウインナー!!
大人のになってから、よく食すようになりました。