12

22

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑦〜

皆さんこんにちは。

今回は「ロンダート」のご紹介記事、第7弾です。

「ロンダート」は「バク転」や「バク宙」などに繋げやすい技の一つです。
勢いをつける技でもあり、
「ロンダート」をしっかりと行える事で連続技の成功率も高くする事が出来ます。

前回までのおさらいもしておきましょう。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑥〜
=「ロンダート→ストレートジャンプ」のポジションについて紹介しています。

「ロンダート」のおさらいは、記事の一番下にある『関連記事』からご覧下さい!

今回も「ロンダート」を使った簡単な連続技
「ロンダート→ストレートジャンプ」をご紹介いたします。

一つ一つポイント整理していきましょう!

 

まずは全体像から確認していきましょう!

上の写真が全体像です。
左上の番号は行程を表しています。

①〜④が「ロンダート」
⑤〜⑧が「ストレートジャンプ」
になります。

「ロンダート」で着地をしてすぐに「ストレートジャンプ」に繋げます。
「ロンダート→ストレートジャンプ」で、
「ロンダート」の勢いをコントロールできるようになりましょう!

今回は「ロンダート」後の軌道について解説していきます。

 

それでは、解説スタートです。

■軌道−1
《意識する点》
•足を振り下ろす。
•両手で地面を押し、上体を起こす。

足を振り降ろす時、真下に降ろさずに少し円を描くようにすることで、
遠心力が加わり勢いをよりつけることができます。
さらにこの時に、下半身と上半身が入れ替わるように、
しっかりと上体を起こすようにしましょう!
そうすることでジャンプにスムーズに繋げる事ができます。

 

■軌道−2
《意識する点》
•地面を強く蹴る。
•両手を下からすくい上げる。

「ロンダート」で着地をしたらすぐにこの動作を行います。
両手を写真のようにすくい上げる事でより高くジャンプをすることができます。

またこの腕の軌道をしっかりと意識することで、
空中姿勢で反り返りなどを回避することもできます。

 

★まとめ★
今回は「ロンダート→ストレートジャンプ」の軌道を解説しました。

「ロンダート」の着地でしっかりと上体を起こす事がポイントです!
「ロンダート」の着地が「ストレートジャンプ」の準備姿勢になります。
素早く上体を起こす事でスムーズにジャンプへ繋げる事ができます。

次回もお楽しみに!

 

 

 

★★★ひとことグルメ★★★

〜ケーキ〜

もうすぐクリスマスですね!
少し早いですが素敵なケーキをいただきました。

 

〜〜〜関連記事〜〜〜

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート①〜
=「ポジション①②」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート②〜
=「ポジション③④」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート③〜
=「手のつき方」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート④〜
=「足の閉じ方」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑤〜
=「ビンゴ」について紹介しています。