01

05

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑨〜

皆さんこんにちは。

今回は「ロンダート」のご紹介記事、第9弾です。

「ロンダート」は「バク転」や「バク宙」などに繋げやすい技の一つです。
勢いをつける技でもあり、
「ロンダート」をしっかりと行える事で連続技の成功率も高くする事が出来ます。

前回までのおさらいもしておきましょう。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑥〜
=「ロンダート→ストレートジャンプ」のポジションについて紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑦〜
=「ロンダート→ストレートジャンプ」の軌道について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑧〜
=「ロンダート→後転」の軌道について紹介しています。

「ロンダート」のおさらいは、記事の一番下にある『関連記事』からご覧下さい!

今回は「ロンダート」を使った簡単な連続技「ロンダート→後転」をご紹介いたします。

一つ一つポイント整理していきましょう!

 

まずは全体像から確認していきましょう!

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑨〜

上の写真が全体像です。
左上の番号は行程を表しています。

①〜④が「ロンダート」
⑤〜⑧が「後転」
になります。

「ロンダート」で着地をしてすぐに「後転」に繋げます。
「ロンダート→後転」で「ロンダート」から後ろに倒れる感覚をつける事ができます。

今回は「ロンダート」後の軌道について解説していきます。

 

それでは、解説スタートです。

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑨〜

■軌道−1
《意識する点》
•背中を丸めたまま。
•腰を後ろに倒れながら落とす。

背中を丸めたまま後ろに倒れましょう!
また腰を落とす際に、後ろに流れるように倒れながら落とす事がポイントです。

 

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑨〜

「ロンダート」の着地後に重心をしっかりと後ろに移しましょう。
写真のように、急激に腰を落とさず『坂を下るように』重心を後ろに移動させましょう。

 

★まとめ★
今回は「ロンダート→後転」の軌道を解説しました。

「ロンダート」の勢いをしっかり「後転」に伝えるために、
重心の位置と移し方に意識をして練習を重ねて下さい。
この練習を重ねることで後ろに倒れる感覚を養う事ができます。

「ロンダート」の力を次の技に繋げる感覚をしっかり養いましょう!

次回もお楽しみに!

 

 

★★★ひとことグルメ★★★

〜あさりのクリームパスタ〜
チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑨〜

あさりの風味とクリームのまろやかさがマッチした一品です!

 

〜〜〜関連記事〜〜〜

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート①〜
=「ポジション①②」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート②〜
=「ポジション③④」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート③〜
=「手のつき方」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート④〜
=「足の閉じ方」について紹介しています。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜ロンダート⑤〜
=「ビンゴ」について紹介しています。