01

19

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転②〜

皆さんこんにちは。

今回は「バク転」のご紹介記事、第2弾です。

「バク転」はアクロバットの中でもとても人気があり、憧れるチアっ子も多いのではないでしょうか。
難易度は高いですが、一つずつポイントを押さえる事で技の習得を目指しましょう!

今回も「バク転」のポジションを詳しく解説していきます。

前回までの記事もおさらいしておきましょう。

☆チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転①〜
=「バク転」のポジション①と②について紹介しています。

 

まずは全体像から確認していきましょう!

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転②〜

上の写真が全体像です。
左上の番号は行程を表しています。

「バク転」は後方に半回転で手を付き、更に半回転で着地する技です。

今回は「バク転」のポジション③と④について解説していきます。

 

それでは、解説スタートです。

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転②〜

■ポジション③
《意識する点》
•両手で体を支える。
•地面を確認する。
•大きくしなる。

しっかり両手で体を支えましょう。
ここで支えられる腕の筋力が必要です。
また次の姿勢に移るために、体を大きくしならせましょう。

 

チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転②〜

■ポジション④
《意識する点》
•背中を丸める。
•膝を曲げる。

この姿勢が着地姿勢となります。
膝を曲げ着地の衝撃を吸収しましょう。
また連続技に備えるためにも背中は丸めるように意識をしましょう。

 

★まとめ★
今回は「バク転」のポジション③④を解説しました。

ポジション③=腕でしっかり体を支える。
ポジション④=着地の衝撃を吸収する。

③でしっかりと地面を確認できれば、後方に飛ぶ恐怖心も少しずつ薄れていきます。
また④への体のコントロールも行いやすくなりますで意識をしましょう!

次回もお楽しみに!

 

 

 

★★★ひとことグルメ★★★

〜せいろ蒸し〜
チア•ダンスに活きる「アクロバット」〜バク転②〜

博多名物のせいろ蒸しです!