04

06

チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ①〜

皆さんこんにちは。

今週からご紹介するのは、
チアやダンスといった踊りから側転やバク転などのアクロバットまで
様々な動作に活かせる『トレーニング』方法をご紹介していきます。

今回は、体幹部を強化するのにオススメな『フロントブリッジ(プランク)』のご紹介です。
「フロントブリッジ」は腹筋だけでなく、
体幹部全体を刺激し、また全身にも効果を発揮してくれるトレーニング方法です。

しかし、正しい姿勢で行わないと効果は半減してしまいます。

しっかりとポイントを押さえてより効率的に行えるようにしていきましょう!

 

それでは解説スタートです。

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_プランク_1

■正しい姿勢
《意識する点》
①頭からかかとまでを一直線にする。
②目線は前を見る。
③肩の真下に肘を付く。

しっかりと体が一本の棒のようになることが大切です。
また疲れてくると目線を下げがちになるのでしっかりと前を見続けましょう!
目線は、地面を見ても構いません。内にこもりすぎないようにだけ注意しましょう。

この姿勢で
初めは20秒から30秒を目安に行い、徐々に分数を伸ばし1分を目標にして下さい。
30秒程度の休憩を挟み、3〜5セット行います。

中上級者の方は、4分〜5分を2セットほど行うと良いでしょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_プランク_2

続いては間違った姿勢についてです。

■間違った姿勢
×腰の位置が高すぎる。
×腰の位置が低すぎる。

ポイントなるのは「腰」の位置です。
しっかりと体を一直線にするために腰の位置に注意しましょう!

腰の位置が変わったしまうことで腹筋や体幹部への刺激が半減し、別の部分へ負担がかかってしまいます。

 

☆まとめ☆
今回は「フロントブリッジ」についてご紹介致しました。

ポイントとなるのは「腰」の位置です。
まずはしっかりと腰の位置がしっかりと体に対して一直線になっているかを注意して行って下さい。
そこからさらなるポイントを一つずつ行ってみて下さい。
せっかく頑張るトレーニングです。効果を最大限にゲットできるよう、意識して行なってくださいね。

また初めから長い分数を行わずに、徐々に分数を伸ばしていきましょう。
自身にあったレベルからしっかり積み重ねて下さいね!

次回もお楽しみに!