04

19

チアノートの記録から見える成長意識の高さ

上達するコツやチーム作りを意識するメンバーが増えて来ました。

その1例として、「チアノート」の活用についてを
少しご紹介したいと思います。

チアノート_練習記録_技のやり方

◆学年末に出場した大会のまとめ(4年生)

・私個人の良かったこと
→思いきり笑顔で、超楽しく踊りきれたこと。

・3年生(同級生が)の良かったこと
→トリプルターンがきれいに回れたこと、入会したばかりの
3年生は入ったばかりなのに、すごくがんばっていたこと。

・チームの良かったこと
→1.2年生も新しい技に挑戦して、難しいことも一生懸命がんばっていたこと。

◆新しいクラスに上がって直したいところ(4年生)

①内股をなおす
②笑顔でやる
③足幅をしっかりとる
④つま先を絶対伸ばす
⑤技の基礎をしっかりやる

◆新学期の1ページ書かれていたこと(5年生)
※「×」と「○」がありますよ。

リーダーシップとは、どんなことか?
×人に指示を出す
○チームが目指すこと、どうやって目指していくのかをわかりやすくみんなに伝える。
○みんなが目標を達成するために、自分から動いて雰囲気作りをする。
○みんなが自分から動き出せばチームもよくなる。
○みんなのやる気を出すために、いつもまえむきな言葉を発する。
○むずかしいことや、大変なことも自分からやっていく。
○みんながリーダーシップの気持ちをもつ。
○みんなを信じる。

◆アラセゴンターンのレッスン記録(5年生)

チアノート_ターンのやり方

◆チームの大切さを表現しています(3年生)

チアノート_きづな

これ以外にも、新しいダンスの振り付けを書いているメンバーも
いれば、新クラスのメンバーのニックネームを表にして
書き留めている内容もありました。

これからもメンバーが書き綴るチアノートとともに
チアリーダーたちの成長を先生たちは見守っていきたいと思います。