05

20

プログラミングから学ぶこと、チアから学ぶこと

プログラミングを通じて学ぶことについて考えてみました

cheerland_0520_programing

 

2020年から「プログラミング」が小学校で必修化するということ

最近よく話題になっていますよね。

みなさん、プログラミングを習ったことありますか?
英語とか記号が並んでいてよくわからなそう…と思っていたのですが、
小学校で習うのはそういうのではないようです。

 

cheerland_0520_mindstorm

視覚的にわかりやすいものでプログラムを作ったり、
パソコンやタブレットなどの機器を使わずに勉強したりすることもあるみたいです。

 

 

そこから何を学ぶのか?

何かをやり遂げるには手順があります。
その手順を正しく進んでいくことでうまく解決することができます。

うまくいかなくなった時には、何かその手順の中に誤りがあります。
それは何か、考え、修正して解決に向かいます。

そんな考え方を学ぶそうです。

 

 

みんながチアを通じて学んでいること

なんだか共通していますよね。

目標に向かって、正しい手順を学び、達成できるようにその手順を進める。
うまくいかないときは、原因を突き止め、解決できるように考える。
そんな繰り返しですよね。

そうやって、正しい道を選んでいけば達成できる、ということを体感し、
達成できるまで粘り強くがんばる力を身につける。

 

cheerland_0520_cheer

しかも、チームスポーツなので、みんなで考えながら一緒に進んでいける。
心強いですよね。

そう考えると、チアは先端を行っているスポーツですね♪

「ダンス」と言わず、「チア」が必修化したらいいのに。

 

 

みなさんの目標は何ですか?
そこに向けて、自分で考え、練習をできていますか?

毎回の練習で「考える」ことがみんなの成長を早め、
目標達成がぐっと近づいていきますよ!