06

03

夏チア2018ワークショップで違いと共通点を考える

夏チア2018ワークショップにて
チアリーディングとチアダンスの違いと共通点を考えました。

6月に入りました。
そろそろ梅雨入りか…?というような湿気を感じる今日この頃。

それでも、本日開催された夏チア2018ワークショップには、
たくさんのチアリーダーが元気いっぱい参加していました。

cheerland_0603_workshop_cheerdance

 

 

競技として、、、テクニックの違い

チアリーディングとチアダンス、同じ「チア」でも、大会となると全く違うスポーツです。

アームモーションやジャンプは共通のテクニックですが、
チアリーディングはスタンツやタンブリングなど、
チアダンスはターンやリープを用いて構成されていますね。

cheerland_0603_workshop_cheerdance_pom

 

共通する基礎の大切さ

ワークショップで両部門を見ていて、「基礎の大切さ」は共通して伝えられていました。

ダンスがよりうまくなるために、スタンツが成功するために、
何が正しいのかをしっかり理解して体で表現することの大切さ、

より難度を上げていきたい、と思った時に、
どうしても次に進もうという気持ちが強くなってしまうけれど、
基礎が積み重なっている先にしか、応用はないこと、

そんなところにも両競技の共通性を感じました。

cheerland_0603_workshop_cheerleading

 

見ている人に何を伝えたいのか、、、

相手のことを考え、元気づけること、それが『cheer』ですね。
そのために表情が大切なことも、差はありません。

 

cheerland_0603_workshop_cheerleading_stunts

 

「学びたい」と一生懸命取り組む姿勢も同じでした。

表現方法が違うだけで、目的や達成するための方法は同じことなのだな、と
強く感じた1日でした。

cheerland_0603_workshop_natsucheer

 

 

夏チアまで2ヶ月を切りました。
当日は、チアリーディング・チアダンスの垣根なく、
お互いに応援しあい、素晴らしい1日にしたいですね。

そのために、今、各チームでしっかりと準備をしてきましょう!
7月29日の夏チアが楽しみです(^^♪