06

08

チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ④〜

チア•アクロバットに活きるトレーニング フロントブリッジ

皆さんこんにちは。

今回は、様々な動作に活かせる『トレーニング』の一つ
フロントブリッジ』のバリエーションをご紹介です。

「フロントブリッジ」は、
腹筋の中でも体幹をより効果的に鍛える事がトレーニングの一つです。
今回はその「フロントブリッジ」の姿勢で腰を高く引き上げる動作を加えた
「ドルフィンフロントブリッジ」のトレーニングをご紹介します。

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ①〜

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ②〜

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ③〜
=「フロントブリッジ(プランク)」について解説

中級者にオススメな「フロントブリッジ」のバリエーションです。
しっかりとポイントを押さえてより効率的に行えるようにしていきましょう!
それでは解説スタートです。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション④_1

上の写真が「ドルフィンフロントブリッジ」の姿勢になります。
左上の番号は行程を表しています。

通常の「フロントブリッジ」の姿勢から腰を高く上に引き上げる動作です。
ポジション①は通常の「フロントブリッジ」になりますので今回はポジション②について詳しく説明してきます。

それではポイントを整理していきましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション④_2

■ポジション②

《意識する点》
①お尻を高くあげる。
②肘→肩→お尻までを一直線にできるように。
③つま先で地面を押す。

「フロントブリッジ」の姿勢から腰を高く上げます。
肘でしっかりと地面を押して、体のラインがくの字になるように意識しましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション④_3

■意識するポイント

・肩でしっかりと地面を押す。
・背中を伸ばす意識。
・下腹部をしっかりと引き締める意識。

肩でしっかりと地面を押します。
その時に背中を伸ばす意識で行うと腹筋だけでなく肩や背中周りも鍛える事ができます。
そして、とても大切なのが下腹部をしっかりを引き締めるように押しをあげる事です!
おへそを少し凹ませるような意識をすると初めはやりやすくなります。

①→②→①→②と動作を繰り返していきます。
②の姿勢では、内側にギュッと引き締める意識をして5秒から10秒ほどキープします。

この動作を10回〜15回ほど行います。
中級者は20回を目安に行いましょう。

 

☆まとめ☆

今回は「ドルフィンフロントブリッジ」についてご紹介致しました。

このトレーニングでは、通常の効果に加え下腹部にも効果を発揮します。
またアクロバットで大切になる腰の引き上げを向上させてくれます。
腰の引き上げを強くする事で《飛び込み前転》や《前宙》と行った技の向上に役立ちます。

しっかりとポイントを押さえ、一つずつ行ってみて下さい!

次回もお楽しみに!