06

15

チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ⑤〜

チア•アクロバットに活きるトレーニング フロントブリッジ

皆さんこんにちは。

今回は、様々な動作に活かせる『トレーニング』の一つ
フロントブリッジ』のバリエーションをご紹介です。

「フロントブリッジ」は、腹筋の中でも体幹をより効果的に鍛える事がトレーニングの一つです。
今回はその「フロントブリッジ」の姿勢で捻る動作を加えた
「フロントブリッジツイスト」のトレーニングをご紹介します。

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ①〜

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ②〜

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ③〜
=「フロントブリッジ(プランク)」について解説

中級者にオススメな「フロントブリッジ」のバリエーションです。
しっかりとポイントを押さえてより効率的に行えるようにしていきましょう!
それでは解説スタートです。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション⑤_1

上の写真が「フロントブリッジツイスト」の姿勢になります。
左上の番号は行程を表しています。

通常の「フロントブリッジ」の姿勢から膝を内側に引き上げ体を捻る動作です。
ポジション①は通常の「フロントブリッジ」になりますので
今回はポジション②and④について詳しく説明してきます。

それではポイントを整理していきましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション⑤_2

■ポジション②and④

《意識する点》
・軸をキープ。
・膝を肘につけるように引き寄せる。

「フロントブリッジ」の姿勢から対角線の肘と膝をつけるように引き寄せていきます。
できる限り膝を肘に引き寄せていきましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ドルフィンフロントブリッジ_バリエーション⑤_3

■意識するポイント

・太ももと腹部の間を開かないように。
・下半身のツイスト(捻り)を意識。

膝を上げる際に、太ももと腹部の間に隙間があまりできないように
縮ませながら行う事でより腹部への刺激を強くする事ができます。
体を捻る動作を腹筋を複雑に動かしています。
その複雑な腹筋の動きをよりはっきりと行う事ができます。
そして、ツイストする意識は忘れないでください。

①→②→③→④と動作を繰り返していきます。
各動作を2秒ずつ行うように意識しましょう。

左右対象にこの動作を5回〜10回ほど行います。
中級者は15~20回を目安に行いましょう。

 

☆まとめ☆

今回は「フロントブリッジツイスト」についてご紹介致しました。
このトレーニングでは、通常の効果に加え腹斜筋、体を捻る筋力と下腹部にも効果を発揮します。
内側に捻る力を鍛える事でターンや体を振る動作がより向上します!

しっかりとポイントを押さえ、一つずつ行ってみて下さい!

次回もお楽しみに!

 

☆☆関連記事☆☆

☆チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜フロントブリッジ④〜
=「ドルフィンフロントブリッジ」についてご紹介しています。