09

14

チア•アクロバットに活きる「トレーニング」〜ジャンプ力アップ①〜

チア•アクロバットに活きるトレーニング ジャンプ力アップ①

皆さんこんにちは。

今週はジャンプ力を向上させるトレーニングをご紹介いたします。

チアやアクロバットでは欠かせないジャンプ力=跳躍力
なかなか日々のレッスンやトレーニングだけではジャンプ力を上げるのは大変です。

今回は、ジャンプ力に、より効果を発揮するトレーニング方法をご紹介します。

それでは、解説スタートです。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ジャンプ力_跳躍力_ボックス・プラットホームジャンプ_1

上の写真が今回のトレーニングの姿勢になります。
左上の番号は行程を表しています。

今回は初心者用のトレーニングとして膝から腰あたりの高さの台を使って行います。
※上級者の方はより高い台を使って行う場合もあります。

「ボックス・プラットホームジャンプ」というトレーニング方法です。

それでは特にポイントとなるポジションを詳しく説明していきます。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ジャンプ力_跳躍力_ボックス・プラットホームジャンプ_2

■ポジション②=準備姿勢

《意識する点》
・両手を後ろにふる。
・腰を落とす。

腰を落としジャンプへの力を溜めましょう!
両手をしっかりと後ろに振り、腕の反動も使えるようにしましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ジャンプ力_跳躍力_ボックス・プラットホームジャンプ_3

■ポジション③=ジャンプ

《意識する点》
・両手を上に振り上げる。
・上半身を引き上げる。
・しっかりと両足でジャンプ。

②の姿勢から力強くジャンプをします。
両手の振り上げを利用し一番高いジャンプを目指しましょう!

■ポジション④=空中姿勢

《意識する点》
・体幹を意識。
・両膝を引き上げる。

ジャンプの最高点で、両膝を引き上げます。
この時に上半身の姿勢を崩さないように体幹部に意識をし、
上半身に膝を引き寄せるようにしましょう。

 

チア_ダンス_アクロバット_トレーニング_ジャンプ力_跳躍力_ボックス・プラットホームジャンプ_4

■ポジション⑤=着地

《意識する点》
・体幹を意識。
・台の上に着地。

④で引き上げた両足で台の上に着地します。
バランスを取るために体幹部の意識を忘れないようにしましょう。

《回数について》
初心者の方は、5回程度を3セット行ってください。

中級、上級者の方は、
台の高さを上げてチャレンジしてみてください!

 

☆まとめ☆

今回はジャンプ力を向上させるトレーニング
「ボックス・プラットホームジャンプ」についてご紹介致しました。

ポイントは、
ジャンプの一番高い位置で膝を引き上げる事
です。

ジャンプ自体を中途半端に行ってしまっては意味がありません。
より高いジャンプを目指し、空中で膝を引き上げることで
純粋なジャンプ力だけでなく空中での動作を鍛えることもできます!

ポイントを押さえ、一つずつ行ってみて下さい!

次回もお楽しみに!