2015シーズンで引退するメンバーからのメッセージ

IBM BigBlue Cheerleaders

2015シーズンを持って引退しました、
Yumi、Azusa、Yoko、Ayami、Yuka、5名からのメッセージを掲載しました。


【Yumi】
2015年シーズンをもってBBCを引退することに致しました。

BBCに在籍した12年間はあっという間でしたが、とても濃く充実した日々でした。
そんな中でも、BBCメンバーやチーム関係者はもちろん、
BigBlueを応援して下さるファンの皆さまと出逢えたことが、私にとって一番の宝物です。

嬉しい時や楽しい時を共有できたことが幸せなのはもちろん、
悔しい時や苦しい時にも最後まで信じて応援して下さったり声をかけて下さったことは、
本当に嬉しく大きな力になっていました。
こうした皆さまとの一体感は何ものにも代え難く、BigBlue最大の魅力のひとつだと思います。

いつもBigBlueを応援し、様々な形で支えてくださる皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもBigBlueの更なる活躍にご注目頂き、応援下さいますよう、よろしくお願いします。

今まで本当にありがとうございました。


【Azusa】
こんにちは。Azusaです。
2015シーズンをもって、BBCを引退させていただくことにいたしました。
思い返すと、BBCを第一にただひたすら必死で駆け抜けてきた4年間でした。
チア未経験でBBCに加入した私にとって、ルーキーイヤーの一年は全てが新しく、学びの日々でした。
練習初日に見た先輩の踊りに圧倒されて「私もこうなりたい!」と思ったことが、今でも忘れられません。

2年目以降はバイスキャプテン、キャプテンと色々な立場でチームに関わらせていただき、
その全てが私の人生にとって何事にも変えられない貴重な経験となりました。
また、その中で一番の思い出は2014年にBigBlueがJXBに初進出し、
サイドラインでパフォーマンスをさせていただいたことです。
3階席までBigBlueファンの皆様で埋め尽くされた、
東京ドームの光景とあの一体感は、私にとって一生の宝物です。

最後に、BBCでの4年間を通してファンのみなさま、BigBlue選手、スタッフのみなさま、
BBCのOG含め、たくさんの方々に出会い、支えていただいたことに感謝しています。
特にいつも活動を共にしてきたBBCのメンバーには
沢山のありがとうの気持ちが溢れていると同時に、この絆を生涯大切にしたいと思っています。
本当にありがとうございました。

BBCとして活動する中で得た数え切れない様々な素晴らしい経験と、出会いを糧に、
今後は新たなチャレンジに邁進していきたいと思います!

これからも引き続き、BigBlueの応援よろしくお願いします。


Yoko.png
【Yoko】
2015シーズンをもってBBCを引退致します。

社会人としても、女性としても、チアリーダーとしても、
素敵なメンバーが集まったBBCの一員でいられたことを、心から嬉しく思います。

2年間のBBCでの活動を通じて、チアスピリッツを学び、
チアの素晴らしさを改めて認識することが出来ました。
チアリーダーとして、技術面だけでなく精神面も成長させてくれたBBCにとても感謝しています。

試合では、今までに味わったことのないような高揚感を何度も経験することができました。
特にBigBlueが初めて決勝戦に進むことができた2014年シーズンの、
試合を勝ち進んでいくごとにチームが一体となり高まっていったあの興奮を忘れることができません。

引退をしても、BigBlue、そしてBBCが大好きな気持ちは変わりません。
BBCのOGとして、メンバーに誇りに思ってもらえるようなチアリーダーであり続けたいと思います。

これからますますパワーアップしていくBBCとBigBlueへのご声援、どうぞよろしくお願いします‼


Ayami.png
【Ayami】
2015年シーズンをもちまして、BBCを引退いたします。

短い時間でしたがBBC で過ごした時間は何物にも代えがたい私の経験、思い出になりました。

特にタッチダウンを決めた時のチーム、チア、観客席が一つになった時の興奮は忘れることができません。
いつも応援してくださるファンの方々、スタッフ、OGには感謝の気持ちでいっぱいです。
フィールドからは去りますがこれからも一ファンとしてBigBlueを応援させていただきたいと思います。

本当にありがとうございました。


【Yuka】
半年という短い期間ではありましたが、2015シーズンをもちましてBBCを引退いたします。

アメフトの試合を見るたびに想っていた、いつかBBCに入りたいという願いが叶い、
2015シーズンをBBCメンバーとして応援してきました。

間近で見る試合は、スピード感や迫力どれもとても素晴らしく、
いつも夢中になってサイドラインに立っていました。
サイドラインに立つたびに感じていたほんの少しの緊張感、わくわくやドキドキ、観客席との一体感、
どれも私にとって忘れられないものになりました。
そして、BigBlueを応援してくださる皆さまに会場でお会いできることも、私の楽しみのひとつでした。

応援してくださった皆さまや、OG、一緒にサイドラインに立った仲間たち
みんなに支えられてここまでやって来れたことが本当に嬉しく、そして感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

情報提供:IBM BigBlue Cheerleaders

Previous Article

埼玉県障害者交流センターのイベントに参加しました!

Next Article

TOHOKU ToBiRa プロジェクト[いわき]