04

10

【公式】『ジャムフェス・ジャパン vol.12 in MAIHAMA』を振り返る

2018年4月3日、4日に行われた『ジャムフェス・ジャパン vol.12 in MAIHAMA』。
あれから、ちょうど1週間の時間が経ちました。

何だか4月は時間が早く動いているような錯覚を覚えます。

頭のなかもクリアにして、大会のことをしっかりと振り返る時間を作ってみましょう!!

「自分がチアリーダーとしてどんな経験をして、どんな成長に結びついたのか」
そんなことを一つずつ整理しながら、1年間のスタートをしてほしいと思います。

それでは、みなさんと一緒に、

『ジャムフェス・ジャパン vol.12 in MAIHAMA』

を振り返ってみましょう。

チアらんどギャラリーにも、『ジャムフェス・ジャパン vol.12 in MAIHAMA』の大会の模様を掲載しています。

チアらんどギャラリーはこちら

こちらも合わせてお楽しみください!!

ジャムフェスジャパン2018_ダイジェスト_1

仲間との絆

チアリーダーのみなさんには、とても多くの時間を一緒に過ごした仲間がいます。
練習の中では、みんなで困難を乗り越えてきた大切な仲間です。

なかなかチームでまとまれなかったり、それぞれの意見が違ったり、
大変なことも沢山あったと思います。

技ができなくて不安になったり、練習に行くのが嫌なときもあったでしょう。

どんな時でも、一緒にいてくれた仲間がいます。
みんな同じではないからチームは楽しい。

ジャムフェスジャパン2018_ダイジェスト_2

ジャムフェスジャパン2018_ダイジェスト_3

チームとしての成長

大会のジャッジシートには、海外からの審査員のコメントが書かれていました。
コメントは全て英語だったので、語学は大切であることを痛感しました。

書いてあるコメントを読み込んでいくと、
どんなところが良くて、どんなところが課題なのかを伝えてくれていました。
自分たちでは気がつかない部分を教えてくれて、とても嬉しかったです。

すでにチアリーダーの皆さんは、新しいスタートをしていることでしょう。
課題があれば、まだまだチームは良くなります。

着実に成長の階段を上ってください。

ジャムフェスジャパン2018_ダイジェスト_4

大会の雰囲気

大会の2日間を過ごすなかで、出場選手の皆さんを楽しませようと、様々な工夫がされていることを感じました。
何気なく見た全てのものに、裏方として準備をした大会運営スタッフの存在があります。

会場に貼ってあった1枚の紙にも、その気持ちは表れます。

そして応援し合うチアリーダーの存在はとても大きなものです。
ステージの上だけでなく、みんなで作る空間はとても楽しい場所ですね。

ジャムフェスジャパン2018_ダイジェスト_5

これからも、それぞれのチームのチャレンジは続きます。

大会当日よりも長く険しい準備の時間が必要です。
でも、そんな時間を乗り越えた先には、とても楽しい時間が待っています。

チアらんども、みんなのことを応援しています!!