一人ひとりの大切な責任 ★YURIE★

Fioreブログをご覧のみなさま、こんにちは!!
ゆりえです(^^)

あっという間に8月も半ばに突入して、夏休みを満喫している方も多いのではないでしょうか♪♪
私は先日、「ビリー・エリオット」というミュージカルを観てきました!

町田チアスクールフィオーレ1

 

私の大好きな「リトル・ダンサー」という映画がミュージカルになったものです!
元々はロンドンなどで公演されていたものが、ついに日本人キャストで日本初上陸!!
思わず私もビリーの真似をしてパシャリ☆

町田チアスクールフィオーレ4 町田チアスクールフィオーレ5

キャスティングオーディションは1年以上前から出ていて、本当に楽しみにしていました(^^)☆
特に主役のビリー役の子役たちはバレエ、アクロバット、タップ、歌、芝居、、求められるものが多く、
トレーニングも含めキャスティングに1年以上かかったそうです。
それを勝ち抜いてこの舞台に立っているというのは、本当にたくさんの苦労があったはず。
すごく胸が熱くなりました。

舞台鑑賞が大好きでよく行きますが、やはり映画やドラマのような映像とは違う、
舞台で繰り広げられる生のパフォーマンスというのは本当に見応えがあります。
役者の発する声、呼吸、パワー溢れる踊り、、、言葉で表せないものです!!

でも、そんな舞台のパフォーマンスはやり直しができません。
良くも悪くも、その場で披露したパフォーマンスが、お客様にそのまま届いてしまう。
一人ひとりが、とても大きく大切な責任を持っているんです。

今回は高度なテクニックが入った振付もあったり、
子供から大人までが同じ振りを踊るユニゾンがたくさんあったので、
観ていてふとチアと重ねていました。

夏になり、チアの大会やイベントなどが増えてきているチームも多いと思います。
練習でどんなに成功しても、本番で失敗してしまったらその評価になってしまう。
だって観ている人は、私たちの努力を知らないし、どれだけ練習しているかも知らない。
本番が1回でも100回でも、いつもやらなければいけないことは同じです。

一人ひとりがすべての振付・テクニックを責任持って、やるべきことをやる

そのためには、少し冷静になることも必要です!!
思い切りテンションを上げるのも大切ですが、そのまま踊るとハチャメチャになることも、、(ー ー;)
私がいつも意識しているのは、
「テクニックは冷静に」
いつも本番前に自分に言い聞かせています。
ターンやジャンプの前に、ふと冷静にいつも練習でやっていることをイメージするだけで違います!
ぜひ試して見てください♪

 

そして最後に、、!
前回8月6日のホームゲームに、昨シーズンFioreメンバーのあんなが来てくれました\( ˆoˆ )/

町田チアスクールフィオーレ3

嬉しいですね(^^)
卒業してからも繋がりが持てるのは、Fioreの大好きなところです♪♪

さて、次回ホームゲームは8月20日です!!
ぜひ私たちと一緒に盛り上がり、そして大きなご声援をよろしくお願いします(^^)

 

ASVペスカドーラ町田チアリーダーズFiore
田口 友里江