09

22

からだのこと★からだを柔らかくしよう

チアリーダーに必要な、からだの柔軟性!!
レッスンでも毎週やっていますよね(^^)

しかし!
週に1回やるだけでは、からだはなかなか柔らかくなりません(>_<)
毎日の習慣にしていくことで、柔らかくなっていきますよ♪

そこで今回は、お家でストレッチをしたいけど
何をどのくらいやればいいかわからない…というチアリーダー達のために!

ストレッチをする際のコツと方法をご紹介します(^o^)/

◆5つのコツ◆

1、ストレッチ1つに対して30秒以内を2セット以上やる。
筋は徐々に伸びていくので、単発で行うよりも複数回行い、
一度に長くやるよりも、短いストレッチを何回も行った方が効果があります!

2、痛くない範囲で数秒筋を伸ばしたら、必ずリラックスした元の体勢に戻します。
同じ体勢で頑張り続けると、筋を痛める原因になってしまいます!

3、曲げる時は息を吐く。
息を吐くということは、リラックスをすることです。リラックスをすれば、筋肉もよく伸びます!

4、曲げていくときは軽く、痛くなりそうなところでキープする。
動作をゆっくり行い、気持ちよく行うのがストレッチの基本です!

5、伸ばしたい筋肉を意識する。
どこの筋が伸びているのか、使われているのかを意識しながら行うと、効果的なストレッチができます!

◆股関節を柔らかくするストレッチ方法①◆
キックやジャンプの際に、柔軟性が必要な股関節です(^o^)丿
股関節が伸びていることを意識しながら行いましょう。

1、床に座り、足の裏を合わせる。

からだのこと★からだを柔らかくしよう1

2、合わせた足先を持ち、背筋を伸ばす。
横から見るとこのようになります。

からだのこと★からだを柔らかくしよう2

3、呼吸は止めず、ゆっくりと息を吐きながら体を前に倒していきましょう。
痛くなる前の、気持ちいいところで上体を止めましょう。

からだのこと★からだを柔らかくしよう3

4、20~30秒ほどキープし、息を吸いながらゆっくりと上体を起こしていきます。
これを数回繰り返します!(^^)!

◆股関節を柔らかくするストレッチ方法②◆

1、女の子座り(割座)からゆっくり後ろに倒れます。

からだのこと★からだを柔らかくしよう4

2、20~30秒ほどキープし、息を吸いながらゆっくりと上体を起こしていきます。
これを数回繰り返します!(^^)!

こちらのストレッチ、両足でやるのが痛い場合は片足ずつやりましょう!

からだのこと★からだを柔らかくしよう5

◆前屈を柔らかくするストレッチ方法◆
太ももやふくらはぎが伸びていることを意識しながら行いましょう。

1、背筋を伸ばし膝を曲げ、両手で足の先をつかみ、足首を反らせるように引っぱります。

からだのこと★からだを柔らかくしよう6

2、これを20~30秒ほどキープし、数回を左右の足に対して行います。

~応用編~
・上の方法から、姿勢は変えずに膝だけを伸ばす。

からだのこと★からだを柔らかくしよう7

・そこまでやっては痛い方は、このようにタオルを使うといいですよ♪

からだのこと★からだを柔らかくしよう8

いかがでしたか(^^)?

「柔軟体操=痛い」と思っているチアリーダーも多いようですが、 それは間違い♪
痛いのをガマンしながらストレッチをすると、筋肉を守ろうとして、逆に筋肉を固くしてしまいます(+o+)

なんと言っても、痛いものは辛いし楽しくないので続きませんよね!!
ストレッチは、痛くない気持ちのいい範囲で毎日楽しくやりましょう\(^o^)/