12

12

♪からだラボ♪キレイのこと〜冬の乾燥対策〜

季節は冬に突入しました!
12月からは冬に気になる体の知識を紹介していきます☆

とくに寒い季節に女の人は「乾燥する」と口にしますよね?
乾燥とはものが乾いた状態のことをいいます。
また空気中の湿度(水蒸気の量)が低い状態のことを指します。

日本には四季によって気候が変化するので、湿度自体が低くなっているのも原因の一つです。
”じゃあ湿度を上げればいいんじゃない?!”
そのためには、空気中に水蒸気を増やす・減らさないということになります。
液体からは目には見えませんが蒸気がでています。

なんだか理科の授業みたいになってきました(^^;
蒸発のしくみを知っていれば、対策もできるはず!
習ったことがある人はぜひその知識を活かしてみてください☆

 

対策① 空気中の水分を増やす

cheer_チアらんど_♪からだラボ♪キレイのこと~冬の乾燥対策~_1

湿度をあげるために水蒸気を出すには、
代表的なのは加湿器だったり、やかんで水を湧かしたり、
または水を入れたカップや、植物を置いておくだけでも
葉から水分が蒸発していくので効果があるそうです!

 

対策② 体の水分を減らさない

cheer_チアらんど_♪からだラボ♪キレイのこと~冬の乾燥対策~_2

逆の発想で体から水分が蒸発するのを防ぐのも対策法です。
水を沸騰させる実験なんかで、水は温度が高い方が蒸発しやすい
というのを聞いたことはありませんか?
それと同じで、温度が高いお湯で手を洗ったりお風呂につかったりすると、
肌が乾きやすくなってしまいます。
寒くてもなるべく人肌ぐらいの温度にしましょう(>_<)
または水分を逃がさない、保湿クリームなどを使うのもおすすめです*

ぜひ色々なアイディアで、自分のからだの悩みを解決してみてくださいね!