07

27

海外のジャッジ(審査員)から学ぼう③

海外のジャッジ(審査員)から学ぼう②の続きです。

インタビューの続きを掲載していきますね☆
夏の大会にも是非いかしてほしい内容盛りだくさんですよ!
気持ちを整えて、チームのみんなで力を合わせてチアやろうよ!!

②CHEER JUDGES:   Halle Means
すばらしい_日本_チア_基礎_5

Q1 日本のチアリーダーの印象は、彼らが献身的で勤勉で、私が今までにジャッジした経験上、最高のショーマンシップを持っているということです。

Q2 ビルディングジャッジをするときに最も重要なことは、技術とレベルにあった適切なスキルです。これらの2つのことは、アスリートが安全な制限の中で実行していることを保証します。

Q3 ジャンプを判断するときに私が見る最も重要なポイントは高さではなく、シンクロ性とポイントしたつま先です。それらの2つのことは、統一されたジャンプのために必要となります。

Q4 チア・ルーティンの現在の人気の傾向は、スタント/ピラミッド・シークエンスにおいて、非常に創造的であること、視覚的効果・コレオグラフィーが特徴のあるダンスセクションです。

Q5 私はルーティンと選手に感銘を受けました!このような革新的な要素だけでなく、ショーマンシップと熱意ある意識レベルの高さを見ることは爽快でした。毎シーズンのチアリーディングのトレンドとテクニックは少し変わりますので、必ず研究をして頑張ってください!私に感動をありがとう、日本!

DANCE JUDGES:   Raven Gantt
すばらしい_日本_チア_基礎_2
Q1 すべてのチームが目標に向かって積極的に頑張る姿勢が印象的でした。ルーティンをしっかりとリ完成させてきていること、メンバー1人1人が最高のパフォーマンスを出し切ろうとしていることが伝わりました。

Q2 テクニックをジャッジするときに、体のラインや角度が明確であるかを見ています。つま先を伸ばしていることと膝や肘を伸ばし続けることです。ターンの時にかかとに乗らないようしっかりと引き上げてください。正しい姿勢をとることがとても大切です。

Q3  Smallチームは、もっとチーム全体でスキルを実施してほしいですね。Largeチームでは、たくさんの視覚的効果やフォーメーションチェンジ、クリエイティブな移り変わり(トランジョン)を期待しています。

Q5自分のために踊るのとともに、隣にいるチームメイトのために踊りましょう。ダンスは簡単には上達できません。チームのために、1人1人が頑張って練習してくださいね。

 

みなさん、いかがでしたか?
海外は遠く感じるけど、チアを共通点にすると、思いのほか
近い存在に感じますよね。
正しい技術や、揃えることの大切さはどの国も共通。

今、やることがしっかりと見えてきたと思います。
是非、夏の大会に向けて、モチベーションアップにつなげてほしいです^o^/

GO!GO!チアリーダー*^o^*