07

26

『夏チア2016』審査員の紹介@阿部美音子さん

夏チア2016審査員の皆様のご紹介もいよいよ10人目となりました。

これまでチームの皆で積みあげてきたチームの練習も
カウントダウンが聞こえてきそうですね。

今週、会場となる味の素スタジアムのある東京では、
梅雨明けが予測されているそうです。

キラキラの夏!そして、キラキラの夏チアで思いきり積みあげてきたことを
発揮しましょう!

【チアダンス部門審査員 阿部美音子(あべみねこ)さん】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◆プロフィール

日本女子体育短期大学に在籍中、高山アイコバトンスタジオに所属。
その後は、SILVER WINGSメンバーとして活躍され、
GOLDEN HAWKSを結成するなど、現在のチアダンス界を先駆ける
存在として活躍をされました。

現在は、Songleading&Dance Family代表として、ダンス技術はもとより、
ダンスを通じた子供たちの人間力の育成に尽力されています。

◎Songleading&Dance Family ダンススターコンテストレポートはコチラ

・Bリーグ 秋田ノーザンハピネッツ ダンスディレクター
・Bリーグ 信州ブレイブウォリアーズ ダンスディレクター
・ミスダンスドリルチーム インターナショナルジャパン 理事/審査員

・NDA National Championship  2003年〜2016年
・USASF 世界大会         2008年・2009年
・Dance SUMMIT 世界大会   2016年
・全日本DanceDrill選手権大会 グランプリ
・MissDanceDrillTeam International Competition グランプリ

 

◆指導者として考えること

私が指導者としてこだわっていることは「その人の魅力・可能性を引き出す」ということです。

出来ることが増えたり、発言がしっかりしてきたり、優しくなったり、キラキラしてきたり・・・・
こんな姿を見られることは指導者として一番嬉しいことなんじゃないかな、と思っています。

子供たちには無限の可能性があります。ダンスの技術は勿論のこと、
それ以外にも通じる事がたくさんあります。

チアダンス・ダンスドリルは私とってとても良い教科書なのです。
チアダンス・ダンスドリルは1人では出来ません。
一緒に踊ってくれる仲間がいるから出来るのです。

チームで振りを完成させるには沢山のコミュニケーションをとる必要があります。
問題を解決するためには言いにくいことを言わなければならないし、
人の意見を聞いてみることが必要だったりします。

ライバルがいることでお互いの力を引き上げることも出来ます。

一緒に楽しいこと、辛いことを乗り越えることでとても大切な仲間や経験を作る
ことが出でき、その経験は今後の人生の自信や拠り所となるでしょう。

一生懸命に取り組むことでその人自身がキラキラと輝き、
その姿を見ている人も幸せな気持ち、元気な気持ちになれるのです。

人を幸せに出来る存在になれるなんて、とても素敵なことだと思いませんか?

 

◆夏チア出場チームの皆様へ

皆さん!チアダンスは好きですか?
たくさん練習してきましたか?
今日は練習の成果を出す日です。

本番はたった1度しかありません!この「たった1度の本番」で練習してきたこと、
すべてを出し切ってください!

そして「私達はチアダンスが大好き!」という気持ちを、踊りを通して見ている
人達に伝えて欲しいと思います。
そうすれば、審査員や見ている人たちに気持ちが伝わると思いますよ。

そしてそんな演技が出来た時には、
踊っている皆さん自身が楽しくて楽しくてしょうがなくなるのではないかと思います。

今日は皆さんの元気いっぱいの演技、楽しみにしています。

【夏チア2016審査員紹介】
●秋山めぐみさん
●伊藤千絵さん
●丹羽千種さん
●山田僚子さん
●長野弓希子
●吉田千鶴さん
●北沢絵梨さん
●堀池薫子さん
●阿部邦江さん

TOKYOスポーツチャレンジ実行委員会
夏チアCUP運営事務局