08

09

『夏チア2016ギャラリー』チアダンス・チアリーディング部門☆YOUTHディビジョン

回を重ねるごとに、驚くほど演技レベルが高くなっている『夏チア』☆

本日は、ピッタリと息の合った最高の演技を披露してくれた、
『チアダンス部門・チアリーディング部門/YOUTHディビジョン』のギャラリーを
お送りいたします。

チアリーディング部門への感想を夏チア審査部長の日笠さんに、
チアダンス部門の感想を君島さんにいただいております。

 

■チアダンス部門/YOUTHディビジョン

昨年よりもテクニックの完成度をあげているチームも多かったのですが、
ユースディビジョンは、他のディビジョンに比べると全体的に良い変化が
少ないように感じております。

昨年度のアドバイスとして、可能な限り同年代のチーム構成を進んで組んでいただき、
チームの力を一定に保つことをお伝えしました。
指導者の皆様にはこれを取り入れていただき、今年はチームとしての力が
進化していたように感じております。

来年は、ユース時代に一番吸収しやすい基礎をもっともっと練習し、
メンバー同士で形、タイミングに拘り、練習を重ねることを期待しております。

3

2

9

11

7

14

10

8

17

16

natsucheer2016_PM_0052

natsucheer2016_PM_0371

natsucheer2016_PM_0320

natsucheer2016_PM_0055

natsucheer2016_PM_0267

natsucheer2016_PM_0633

natsucheer2016_PM_0299

 

■チアリーディング部門/YOUTHディビジョン

各チーム入場後、最初の演技となりました、『チアクライテリア』
応援する気持ちを届けるためにコール、ボードなどを使用し、
観客席とのレスポンスをとることを目的に実施をいたしました。

ユースディビジョンは、チアリーダーとしてもっともっと会場を巻き込む
工夫のできるチームの誕生が期待できそうです。

『タンブリング』では、
難度の高い技を精度高く完成させてきたチームと、
タンブリング自体が少なく、とても細かいですが、あと1つ以上の技を入れるなどの、
工夫ができそうなチームがありました。

ユース時代は、これから応用技に進むために、土台となる大切に時期です。
チアリーディング部門では、この間にスタンツもタンブリングも
正しい形を覚え、応用技に進んでいきましょう。

natsucheer2016_PM_0688

natsucheer2016_PM_0739

natsucheer2016_PM_0807

natsucheer2016_PM_0745

natsucheer2016_PM_0782

natsucheer2016_PM_0793

natsucheer2016_PM_0837

natsucheer2016_PM_0850

natsucheer2016_PM_0717

natsucheer2016_PM_0834

natsucheer2016_PM_0743

natsucheer2016_PM_0732

次回は、
『チアダンス部門・チアリーディング部門/JUNIOR・SENIORディビジョン』のギャラリーをお届けいたします♪

『夏チア2016ギャラリー』夢の舞台の始まり☆
『夏チア2016ギャラリー』チアリーディング・チアダンス部門☆MINIディビジョン

 

TOKYOスポーツチャレンジ実行委員会
夏チアCUP運営事務局