04

01

『夏チア2017』安全規定・演技規定について【チアリーディング部門】

『夏チア2017』大会概要および競技規定に続きまして
【チアリーディング部門】安全規定・演技規定』をご案内いたします。

大会概要と合わせてご確認をお願いいたします。

◎『夏チア2017(大会)』エントリーの開始は4月3日(月)からを予定しております。
今しばらくお待ち下さい。

eb53c9a8059a34a383f75b66b30cc81b

 

【チアリーディング部門】

<<安全規定>>
共通項目
1, 大会期間中、全てのチームは認定された引率者もしくはコーチが付き添うこと。

2, コーチは個々の選手とチームの能力、レベルを考慮して演技全体のパフォーマンスレベルを決定すること。

3, 全てのチームメンバー、コーチ、引率者はメンバーが負傷した場合、迅速に対応できるよう対策をしておくこと。

4, 本大会に参加するにあたり、スポーツマンシップに則り、マナーのある行為を心がけること。それぞれのチーム責任者またはコーチは、自チームのメンバー、コーチ、保護者、チーム運営に関わる人の監督責任を持つこと。

5, 演技中、審査員が危険と判断した動作に関しても、減点対象となります。

 

部門別項目/チアリーディング
<練習、演技について>
スタンツ、ピラミッド、トス、タンブリング等は適切な地面で行うこと。(コンクリート、アスファルト、濡れている場所、障害物のあるところで行わないこと)

<手具について>
フラッグ、バナー、サインボード、ポンポン、メガホンの使用は可能です。
スタンツ、タンブリング時に棒状の小道具は禁止。小道具は演技の妨げにならないよう、安全に拾捨すること。スタンツの上から固い素材のボードを放り投げることは禁止です。

<スポッターについて>
スタンツに必要なスポッターは自チームメンバーで行うこと。

<キャッチ・着地について>
膝、お尻、正面や背中から落下するもの及び、ジャンプ、スタンツ、または頭が下になった姿勢からのスプリッツデイスマウントは禁止です。
例外として、体重の大半が手もしくは足にかかり、落下の衝撃を吸収できる場合のみ可能とします。

natsucheer2016_AM_0180_R

 

<<演技規定>>

共通項目
1, <振付・服装・選曲について>
挑発や侮辱、品の欠ける振付、服装、音楽の使用は家族が観る大会として不適切なものは避けること。

※2017年の実施より、『安全で適切なユニオフォームの基準』として下記の項目について、考えていきたいと思います。

◇ユニフォームについて
挑発的で下着を彷彿させるようなユニフォームは認められません。
破損の可能性がない様、安全であること。

◇ユニフォームスカート・ショーツ
ユニフォームの1部としてスカートを着用する時は、スカートの下にアンダースコートを着用すること。
また、スカートはお尻およびアンダースコートを完全に覆っていること。

◇ユニフォームトップ
シニア編成で出場する選手を除き、お腹が出ているユニフォームは認められません。
演技中は、全てのユニフォームは選手を覆い、下着も覆っていなければなりません。

シニア編成で出場する場合を除き、腹、背中部分が極度に出るものに関しては不可とする。
心配な場合には事務局にお問い合わせください。

2, <演技構成について>
全ては観客に向けて適切であり楽しめるものであること。選手の年齢を考慮した内容で演技構成をすること。音楽の解釈が演技構成とマッチしていること。

 

部門別項目/チアリーディング
1,演技内容
チアリーディングの要素(コール、スタンツ、ジャンプ、タンブリング、ダンス)を用いて構成されたカテゴリーです。演技の全てに人数の半数以上が構成された演技に関わること。手具やアームモーション、スタンツでチームアピールをする構成を組み込むこと。

2,スタンツについて
パートナースタンツ→チームの大多数でレベル該当の3種類以上入れると望ましい。
ピラミッド→チームの大多数でレベル該当の3種類以上のトランジション※1)と
2つ以上の異なるストラクチャー※2)を入れると望ましい。
※1) ピラミッド中のスタンツの展開、つなぎのこと
※2) ピラミッドの体型のこと

3,ジャンプについて
チームの大多数でシンクロしアドバンスレベルの異なる種類のジャンプを3連続し飛ぶことが望ましい。

4,タンブリングについて
・立位タンブリング(助走なし)→レベル該当スキル※1を入れる
・走り込みタンブリング(助走あり)→レベル該当スキル※1)を入れる
※1)レベル該当スキルについては指導者講習会にて詳細をご案内します。

5,ダンスについて
エンターテイメント性、シンクロ性、視覚効果のある振付であること。

6,演技時間について
チーム紹介、コールパート、ミュージックパートのカテゴリーを4分以内に行うこと。
コールパートは30秒程度、ミュージックパートは2分以内に行うこと。
チーム紹介は評価の対象とはならない。

№75④_R

 

カテゴリー別項目【レベル1PREP】

1,タンブリング
◆全般
・タンブリングでスタンツや選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止
・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止
・飛び込み前転は禁止

◆立位/走り込み
・タンブリング中、床を突き放した状態で体が宙に浮くことは禁止
・前転、後転、前方・後方ウォークオーバー、倒立、側転、ロンダートは可能

2,スタンツ
・プレップ(エレベーター)レベル以上のスタンツには必ずスポッターをつけること
・フロアスタンツ(ベースが地面に寝て腕を伸ばして支えるスタンツ)を行う場合には各トップに
スポッターが必要
・片足スタンツはウエストレベルでのみ可能
・プレップレベルより高さの上がるスタンツは禁止
・スタンツのマウントや移行で1/4回転までは可能
・スタンツ、ピラミッド、選手が他のスタンツやピラミッドを越えたりくぐるのは禁止
・ベースからトップが離れるリリースムーブにおいては、必ずもとのベースに戻ること
・レベル1で許可されている”ディスマウント”以外のリリースムーブは禁止

3,ピラミッド
・ピラミッドを行う際はパートナースタンツ、ディスマウントの規則に則り行うこと
・シングルベースでのエクステンションスタンツはミニ、ユース編成では禁止
・両足のエクステンションスタンツは、プレップレベル以下のトップ1名と、手か腕で支えあうこと
この場合ブレサーとの支持はエクステンションになる前、プレップレベル以下の段階で行うこと
・片足のプレップレベルスタンツは、プレップレベルかそれ以下のブレサーと、手か腕で支えあうこと。
この場合、ブレサーとの支持は片足になる前に行うこと
・エクステンションでの片足スタンツは禁止

4,ディスマウント
・ベースからリリースされて、クレイドルになる動きと、補助されながら競技フロアに着地する動きを
ディスマウントと定義する
・一人ベースからのディスマウントは、1名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・複数ベースからのディスマウントは2名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・フロアへのディスマウントをする場合には、必ず元のベースかスポッターに補助されること
・レベル1のディスマウントはストレートポップダウンかストレートクレイドルのみ可能
・ピラミッドでプレップレベルより高い高さからディスマウントすることは禁止
(ピラミッドでエクステンションの高さに上がる場合にはディスマウンド時にプレップまで下げること)

カテゴリー別項目【レベル2PREP】

1,タンブリング
◆全般
・タンブリングでスタンツや選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止
・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止
・飛び込み前転は可

◆立位
・宙返り系は禁止
・連続バック転は禁止
・ジャンプバック転、バック転ジャンプなどの連続技は禁止
・ロンダート以外のツイストは禁止

◆走り込み
・宙返り系は禁止
・フロントから入りロンダートバック転など連続技は可能
・ロンダート以外のツイストは禁止

2,スタンツ
・すべてのプレップレベルより高い高さのスタンツには必ずスポッターをつけること
・フロアスタンツ(ベースが地面に寝て腕を伸ばして支えるスタンツ)を行う場合には各トップに
スポッターが必要
・プレップレベルより高い高さの片足スタンツは禁止
・シングルベースでのエクステンションスタンツはミニ、ユース編成では禁止
・スタンツのマウントや移行で1/2回転までは可能
・フリップを含むスタンツやトランジションは禁止
・スタンツ、ピラミッド、選手が他のスタンツやピラミッドを越えたりくぐるのは禁止
・シングルツイストのログロールは可能だがクレイドルの形で始めクレイドルの形で終了すること
・レベル2で許可されている”ディスマウント”以外のリリースムーブは禁止
・リリースムーブは必ず元のベースに戻ること
・インバージョンについて、競技フロアで逆さ状態から逆さでないスタンツへの移行は可能

3,ピラミッド
・ピラミッドを行う際はパートナースタンツ、ディスマウントの規則に則り行うこと
・シングルベースでのエクステンションスタンツはミニ、ユース編成では禁止
・エクステンションスタンツは、他のエクステンションスタンツとブレースし合うことは禁止
・片足のエクステンションレベルスタンツは、プレップレベルかそれ以下のブレサーと、
手か腕で支えあうこと。この場合、ブレサーとの支持はエクステンションになる前に行うこと

4,ディスマウント
・ ベースからリリースされて、クレイドルになる動きと、補助されながら競技フロアに着地する
動きをディスマウントと定義する
・ 一人ベースからのディスマウントは、1名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・複数ベースからのディスマウントは2名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・フロアへのディスマウントする場合には、必ず元のベースかスポッターに補助されること
・スタンツでのディスマウントはストレートポップダウン、ストレートクレイドル、
1/4ツイストクレイドルのみ可能

5,バスケットトス
・レベル2PREPでは、いかなるバスケットトスも禁止

カテゴリー別項目【レベル3PREP】

1,タンブリング
◆全般
・タンブリングでスタンツや選手、小道具などを飛び越えたり、下をくぐるのは禁止
・ポンポンなど小道具や手具を持ったままでのタンブリングは禁止
・飛び込み前転は可

◆立位
・宙返り系は禁止
・転回・バック転の連続技は可
・ロンダート以外のツイストは禁止

◆走り込み
・フリップ技を行う場合には、ロンダートもしくは、ロンダートバク転から始めること
・フロントから入りロンダート宙返りなどの技は可能
・側転からのフリップ技は禁止
・側宙、前宙、3/4前方フリップは可能
・フリップや側宙から続くタンブリングは禁止(前転、後転は可能)
・ロンダート、側宙以外のツイストは禁止

2, スタンツ
・すべてのプレップレベルより高い高さのスタンツには必ずスポッターをつけること
・片足エクステンションスタンツは可能
・シングルベースでのエクステンションスタンツはミニ、ユース編成では禁止
・スタンツでのツイストは1回転までとし、プレップレベル以下から始めプレップレベル以下で
終了すること
・エクステンションからや、エクステンションへのツイストは1/2回転までとする
・スタンツ、トランジションの間、少なくともベース1名がトップの体に触れていること
(リリースムーブの例外除く)
・フリーフリッピングスタンツ、トランジションは禁止
・スタンツ、ピラミッド、選手が他のスタンツやピラミッドを越えたりくぐるのは禁止
・リリースムーブはベースが手を伸ばしたところを超えない限り可能
・リリースムーブでのインバート状態での着地は禁止
・リリースムーブではウエストレベルから開始し、プレップレベル以下でキャッチすること
・リリースムーブで行なえる技は1種類でツイストは不可
・リリースムーブで他の場所に飛ばすことや、選手を超えることは禁止
・インバージョンになる場合には、トップはショルダーレベルより低い高さでベースに支えられること
・インバージョンのツイストは1/2まで
・ダウンワードインバージョンはウエストレベルからの実施のみ

3,ピラミッド
・ピラミッドを行う際はパートナースタンツ、ディスマウントの規則に則り行うこと
・片足のエクステンションスタンツは、他のエクステンションスタンツとブレースし合うことは、禁止
・リリースムーブはベースと二人のブレイサーに支えられている場合のみ実施可能
・リリースムーブでベースが交代するのは禁止
・トランジションの間、少なくとも2名のキャッチャー(1名はスポッターであること)が必要

4,ディスマウント
・ ベースからリリースされて、クレイドルになる動きと、補助されながら競技フロアに着地する
動きをディスマウントと定義する
・ 一人ベースからのディスマウントは、1名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・複数ベースからのディスマウントは2名のキャッチャーと、頭、肩を守るためにスポッターを
必ず1名つけること
・スタンツやピラミッドで、腰よりも高い高さから競技フロアへディスマウントする場合には、
必ず元のベースに補助されること
・片足からのディスマウントはストレートポップダウンか1/4クレイドル
・両脚からのディスマウントは1-1/4ツイストクレイドルまで可能
・両脚からのディスマウントは1種類のみ技を入れる事が可能

5,バスケットトス
・レベル3 PREPでは、いかなるバスケットトスも禁止

natsucheer2016_AM_0043_R

 

<<減点について>>

減点方法は部門により異なります。
チアリーディング部門では、『競技規定』、『安全規定』、『演技規定』の他、
下記項目について減点対象といたします。

減点対象とみなされる項目について、
減点ではなく警告または審査の対象外となる場合がございます。
予めご了承ください。

・選手個人の減点(0.25減点)
例)タンブリングやジャンプの際に手が地面についてしまった場合
タンブリングやジャンプの際に膝が地面についてしまった場合
タンブリングやジャンプの際に体の複数部分が地面についてしまった場合
タンブリング、ジャンプの個人技の際、地面に落下してしまった場合

・ビルディング時の落下(0.75減点)
例)ビルディング時にタイミングの問題ではなく、カウントより早く落ちてしまった場合
クレイドルやディスマウント時にベースが地面に転がってしまった場合

・ビルディング時の大きな落下(1.25減点)
例)スタンツ、ピラミッドから地面へトップが直接落下した場合や複数のベースが転倒した場合

・最大減点(1.75減点)
パートナースタンツ、トスなどで複数の減点が取られた場合や、ピラミッドの崩壊などは
1.75減点となるがそれ以上の減点が課されることはない。
※安定不足やタイミングのずれはTechniqueスコアで反映する

・ラインオーバー
0.25減点

・タイムオーバー
ミュージックパート部分が2分より1秒を超えた場合には2.0減点
(マットに入場から退場まで4分を超える場合にも同様とする。コールーパートの長さは減点の対象とはならない)

・規定違反
該当レベルを超えたタンブリング、一般安全基準、イメージポリシー違反を行った場合→1.0減点
該当レベルを超えたビルディングを行った場合→2.0減点

・スポーツマンシップの欠如による減点
コーチが話し合いに際してプロフェッショナルでなかった場合→4.0減点

 

<<審査・表彰について>>

【審査について】
・審査は年齢ディビジョンごとに行われます。
・2名以上の審査員と、セイフティー審査員1名以上により厳選なる審査を行います。
・獲得得点は審査員の平均点から減点対象ポイントを引いた合計点数となります。

【表彰について】
後日、お知らせをいたします。

 

NASTU CHEER banner orange 2017_R

TOKYOスポーツチャレンジ実行委員会
夏チアCUP運営事務局