08

13

『夏チア2019』審査員のご紹介①

夏チア2019で、チアリーダーの皆さんの真剣な演技を審査していただく、
審査員の皆様をご紹介します!

夏チア2019審査員チアリーディング

 

<チアリーディング部門 審査員>
森 あかね 様
湘南辻堂Jr.CHEERLESDINGTEAM FAIRIES POP
ASC CHEERS主催

夏チア2019審査員森あかね様

夏チア!!!今年も暑い夏が、熱い想いをぶつける夏チアがやってきました。

夏休み、自由に自主的に好きなことを伸び伸びと集中して取り組める時期です。
勉強や大好きなチアに打ち込んでいますか?(きましたか?)
心と身体、思い切ってチャレンジし自信に繋げていきましょう。
さあ、今年はどんなことにチャレンジしてみましょうか!
ワクワクしますね。
一年の成果を拝見するのを楽しみにしております。

春に行われた世界大会では、
世界100カ国を超える国代表が集結しPremier(レベル6)、Elite(レベル5)の部門に分かれ戦っていました。
PremierはCOEDが主力、EliteはAllGirlsが主力で戦う場となっています。
世界大会では、日本と同じくNONスプリングマットにて行われ、
夏チアと同じようにコールを大事にした構成となっております。
コールパートではボードやポンポンによる視覚的効を駆使し、
各国の文化や、ナショナルカラーをリズミカルに、キャッチーに表現します。

南米チームのアピール力は華やかさも兼ね備え、
賑やかに創意工夫され自然と口ずさみ引き込まれていくのが印象的でした。
会場全体がレスポンス(ノセられる)されていく空気は高揚感を掻き立てられ、
チアの楽しさを肌で感じルことができました。
言わされている(セリフ)のではなく心と身体でチアアップし表現することを改めて学びました。
日本のチームの皆様も型を破り一人一人が輝き、前に前にアピールする姿を期待します。

アメリカ、カナダが強豪チームであることはもとより、
昨今では、ヨーロッパ勢が大変強くなってきております。
これは、2028年のオリンピックを視野に入れたチア界の動きだと読み取れます。
チア界市場第2位の日本も負けていられません。
欧米人のようなダイナミックさに対抗し、
日本人の器用さ、細やかさ、美しさを武器にこれからも世界で羽ばたいていけるような、
チアリーダーに成長して欲しいです。
ジュニア世代から真摯に取り組み、怪我をしない身体作り、
安全に取り組む練習環境、方法を夏チアのコンセプトと共に大事にしていきましょう。

夏チアでその力を存分に発揮してくれることを期待しています。

 

 

<チアリーディング部門 審査員>
吉田 千鶴 様
TsukubaAllStarCheer専属コーチ

夏チア2019審査員吉田千鶴様

夏チア参加の皆さんこんにちは!

さて、皆さんのチア歴は何年でしょうか。
私は来年で30年になります!自分でも驚きです。

長きにわたり、チアリーディングを続けてこられたのは、
大会でもイベントでも一つ一つの出番を大切に、
自分なりの課題を見つけ、仲間と協力する事を楽しむことができたからです。

また、選手としても指導者としても、
新しい事への挑戦を忘れずにここまで過ごしてきました。
いつでも挑戦する気持ちになれるように、
基礎の動作を大切にする事、技の難易度を正しく見極める事、
今の自分(チーム)の習熟度を知る事が重要だと考えます。

やってみたい技があったら、その技に必要な体の使い方を多角的に取り組み、
十分に準備をして挑戦してください!
挑戦する準備ができていた技は、安全で楽しいものです。

夏チアでは、皆さんが楽しく挑戦してきた演技をみられることを楽しみにしています!

 

夏チア2019横浜

夏チアCUP運営事務局